発行体が存在する

暗号通貨の代表格のビットコインには当然発行体が存在しません。

本来発行主体が無いはずの暗号通貨に発行主体がついた瞬間、

そもそもの分散型であるブロックチェーンの基本構造から揺らいでしまうんです。

なので、「当社が保証する」という謳い文句はアウトの可能性が高いです。

発行体が無制限に発行できる「紙幣」と勝手に増やせない「仮想通貨」では

意味合いが変わってきます。

普通のICOでは増やし方はホワイトペーパーの中でちゃんと明記されています。

ICOについてしっかり情報収集をする

仮想通貨やブロックチェーンが関わるプロジェクトの理解が困難であったり、

企業側が提示するホワイトペーパーと呼ばれる事業計画書や技術論文書も、

ほとんど英語で書かれてあることが多いために、十分にプロジェクトを

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 . あなたは会員ですか ? 会員について
カテゴリー: 無料コンテンツ