無料コンテンツ

ICOで投資するためのステップ

ICOの情報収集する

ICOに参加する前にまずはICOに関する情報収集が大切です。

ICOの情報はメディアにて収集可能です。

ICOで資金調達をおこなおうと思っている事業の運営者が、

どのようなプロダクトを作ろうとしているかについて

詳しく書いているホワイトペーパーにも目を通す必要があります。

(さらに…)

投稿者:tomoki 投稿日時:
無料コンテンツ

ブロックチェーンのメリット

①銀行が介在しなくても取引記録を残せる!

ビットコインをはじめとするブロックチェーンによって実現した

仮想通貨を利用することで、取引記録を特定の管理主体なしで残すことが可能になります。一般的な法定通貨の銀行振込では、銀行が取引記録を記録し、

管理することで、取引が正当なものだと証明されます。

しかし、仮想通貨のブロックチェーンがあれば「銀行」という

管理者がいなくても取引記録を正当なものとして残せます。

ということは、銀行に手数料を払うことなく、

人々がお金をやりとりできるようになります。

(さらに…)

投稿者:tomoki 投稿日時:
無料コンテンツ

ブロックチェーンとは

「ブロックチェーン」とは、ビットコインの中核となる

「取引データ」技術のことを指します。

取引のデータ(履歴)を「トランザクション」と呼び、

そして、複数のトランザクションを

まとめたものを「ブロック」と言います。

このブロックが連なるように保存された状態が

(さらに…)

投稿者:tomoki 投稿日時:
無料コンテンツ

ICO投資を成功に導く入口と出口戦略

仮想通貨の人気によって

ICOがあれば投資をするという勘違いをしてはいけません。

しかもICOというだけでほとんどの資産を注ぎ込んでしまっている方も多いようです。

ICOは投資です。

ギャンブルではありません。

ICOの窓口では詐欺まがいな銘柄の紹介

手数料を頂くということは一切ありません。

安心して投資銘柄を選んでいただき

投資をして頂ければと思います。

(さらに…)

投稿者:tomoki 投稿日時:
無料コンテンツ

ICO投資の決め手「ホワイトペーパー」はこう読め!

ホワイトペーパーとは

ICOホワイトペーパーとは株式における目論見書のような役割を果たします。

その企業が作成した事業計画やロードマップ(行程表)、トークンの分配などが

記された資料のことです。

目論見書との違いで気をつけなければならないのは、ICOホワイトペーパーは

ICOを行う企業が任意で作成するものだということです。

(さらに…)

投稿者:tomoki 投稿日時:
無料コンテンツ

ICO詐欺を見分ける7つの注意点

発行体が存在する

暗号通貨の代表格のビットコインには当然発行体が存在しません。

本来発行主体が無いはずの暗号通貨に発行主体がついた瞬間、

そもそもの分散型であるブロックチェーンの基本構造から揺らいでしまうんです。

なので、「当社が保証する」という謳い文句はアウトの可能性が高いです。

発行体が無制限に発行できる「紙幣」と勝手に増やせない「仮想通貨」では

意味合いが変わってきます。

普通のICOでは増やし方はホワイトペーパーの中でちゃんと明記されています。

ICOについてしっかり情報収集をする

仮想通貨やブロックチェーンが関わるプロジェクトの理解が困難であったり、

企業側が提示するホワイトペーパーと呼ばれる事業計画書や技術論文書も、

ほとんど英語で書かれてあることが多いために、十分にプロジェクトを

(さらに…)

投稿者:tomoki 投稿日時:
無料コンテンツ

ICOの評価について

・認知度

認知度は仮想通貨の認知度を評価させてもらっています。

仮想通貨の認知度によってはネットで話題となり

プレミアムICOになるかもしれませんので

注目の評価ポイントになります。

・流通

仮想通貨が今後どれだけ流通するかを予測して評価させていただいております。

上場してできた仮想通貨が市場に出回って流通すればするほど

価値が上がってきます。

仮想通貨の価値が上がれば、得られる利益は膨大になります。

(さらに…)

投稿者:tomoki 投稿日時:
無料コンテンツ

ICOとは

ICOとは (Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)の略で「クラウドセール」や「プレセール」、「トークンセール」とも呼ばれます。

企業が資金を調達する際にオンライン上で多くの人から資金を募る

クラウドファンディングや新規株式公開(IPO)などに似た仕組みを持っています。

従来の資金調達の主流であった「新規株式公開(IPO)」は、発行した株式を厳重な審査を

通して証券会社に仲介してもらい、投資家に販売するといった仕組みでした。

新しい資金調達方法であるICOが一般的な資金調達方法と異なる点は、

企業が独自の仮想通貨(トークン)を販売しトークン購入には現金でなく、

仮想通貨が用いられるという点にあります。仮想通貨を利用しておこなうので、

簡単に世界中のICOに参加することができることができます。

ICOは資金調達の方法としてよく利用されていますが、

(さらに…)

投稿者:tomoki 投稿日時: